上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


皆さんこんにちは。
2月になりましたが寒いですね〜。懐も寒いのに気温も寒いんじゃ切なくなりますよね〜。


今回は製作記事ではなく以前から作っていたものがようやく完成したので御紹介致します。
このエアポートリムジンは2年半以上前に「バスでも作ってみるか」なんてふと思い立って作り始めましたが中々進まず、少し手を出しては暫くお休みなんてことを繰り返しているうちにようやく完成したものです。
(以前ブログで少しだけ写真が出ています)

関東にお住まいの方であれば見慣れたこのバスですが、他県にお住まいの方にはなじみが薄いかもしれませんね。
ちなみに弊社の窓からニュータウン通りという幹線道路が見えますがこのバスを頻繁に見る事が出来ます。
そんな親近感から製作を決めました。

この日野セレガ エアポートリムジンは元々塗装済みキットでしたが塗装状態(印刷状態)が綺麗ではなく表面のムラ、エッジの色逃げなど塗装に納得出来なかったので、塗装を全て落として塗装で仕上げています。
特に大幅な改造などの手を入れずに塗装に拘った作品で大型バスの美しさを追求して製作しました。
唯一手を入れたのは側面の窓ガラスです。このセレガはSHD(スーパーハイデッカー)なので側面窓は開閉出来ないタイプですが、実車は開閉出来る様サッシ窓になっています。これを再現するのに同メーカーのHDセレガの側面窓を使用しています。
乗降用扉上部と運転席窓の上部はSHDとHDでは高さが合わないのでその部分のみ切り離し正しい状態に改造しています。
仕上げとして実車同様かなり暗いタイプのスモーク窓を再現しています。


DSCN4737.jpg


本気で製作すればシートの柄もデカール再現して貼り込めば更にグレードアップしたと思いますが、窓ガラスを暗いスモークで再現したため殆ど見えないのでこれで良しとしました。
ボディはライン部分はデカールで再現してウレタン研ぎ出し加工です。流石にこの大きさになると研ぎ出しも大変でした。

座席が多い分手間がかかりますが完成した状態は堂々としたスタイルで中々ではないでしょうか?
私が問題にしたのは運転席などの内装色です。指定色で塗装してもイマイチアッサリし過ぎて雰囲気が出ません。
実車の写真を見ても色だけは撮った写真によってさまざまでこれ!という物が無く苦戦しました。
隣駅の多摩センターではエアポートリムジンの停車駅なので実車を見に行こうとも思いましたが時間も根性も無く断念。(近いのに〜メンドクサイだけです)
結局わかる範囲のイメージで塗装しています。


DSCN4751.jpg


改造ではありませんが後方に付くデザインモールがメッキパーツで再現されているものの、このメッキ状態が非常に悪いのでメッキを落としミラーフィニッシュを貼って再現しています。
又、前面のデザインモールはメッキ状態は良いのですが、ゲートが目立ち上部に位置するので見た目が良くありません、
ここも同じミラーフィニッシュを貼って再現します。


DSCN4752.jpg


テールライトは赤いクリアーパーツが付属していますが実車は透明ではありません。テールライト部をマスキングしてクリアーレッドとシルバーを混ぜて実車に近い色を調色して表から塗装します。
これで実車と同じスタイルになります。


DSCN4760.jpg


DSCN4761.jpg


前面の方向幕はクリアーパーツで再現されていますがここが重要で、東京空港交通の文字はパーツの内側に付く様にしなければなりません。
下地を黒く塗装してデカールを貼りクリアーパーツ接着しても良いのですが、接着剤の付け方次第で台無しになりかねません。

クリアーパーツの裏側に東京空港交通の文字が見える様マスキングし裏から黒く塗装します。パーツをセットして文字が覗く様にすればリアルになります。
接着はエポキシ接着剤で固定した方が綺麗です。


DSCN4757.jpg


DSCN4762.jpg


DSCN4763.jpg


如何でしょう?中々立派な姿ですよね。

ところで実はもう一つ途中があるんです。
当初はエアポートリムジンと同時に進めたのですがこちらの方が改造が多いので時間がかかってしまい中断してしまったものです。
これもエアポートリムジンと同じ地元を走る京王ハイウェイのバスです。
こちらはスーパーハイデッカーではなくハイデッカーなのですがキットを改修してマイナーチェンジ後の現行型を再現しています。


DSCN4764.jpg


フロントグリルのデザインモールも形状が変わり中央にはセンサーが搭載されているタイプを再現しています。


DSCN4765.jpg


又、エアコンのファンの数も4個から3個へ変更。特に難しかったのはリアウィングです。高さも低くなりスマートなウィングですがキットの物とはかなり形状が違っていますので新規に製作してレジンで複製しています。


DSCN4766.jpg


何時完成するのか不明ですがチマチマ作業はしようと思っています。完成したらこのブログで御紹介したいと思います。
しかしバスはカッコよくなりましたね〜。昔は余り興味がなかったのですがセレガとガーラが登場してからバスの魅力を知りました。
ところが私は何故かセレガに一度も乗った事がありません。空港に行くときは当然エアポートリムジンを利用するのですが何故かいつもエアロクイーンに当たります。
以前ブログでさくらんぼ狩りに行った時もエアロクイーン、若い時にトラック運転手をしていた時もフソウスーパーグレート。どうしてこんなに日野と縁が無いのでしょう? 不思議です。

現在バスの模型はフジミ製のセレガとガーラ、新型のエアロクイーン、アオシマ製のエアロクイーンでいずれもトラック模型と同じ1/32です。
その他にも路線バスまでキット化されています。私も全て所有していますがどのキットも非常に出来が良く改造ベースとしても最適です。
フェラーリやランボルギーニも良いのですがこういったキットもとても楽しいのではないでしょうか?
地元を走るバスに塗装しても楽しいでしょうし、各バス会社のスペシャルバスを製作するのも良いでしょう。
シャンデリアを乗せたりLEDを内蔵して車内灯を再現したり工夫次第で工作は広がると思います。

次の製作はまだ決まっていません、何を作ろうか?
早々に決めますのお待ちくださいね。

では又お会いしましょう!
コメント、御質問お待ちしていま〜す。
一人でも多くのモデラーさんと繋がり祈って、、、、、、。

スポンサーサイト
 2017_02_05


こんにちは、春らしくなってきて少しずつ暖かくなってきましたね。
毎日日々の業務に追われているせいか、時間が過ぎていくのが早く、気がつけばもう3月も半ばになってきました。
今年も「これがしたい!あれがしたい!今年こそ!」なんて年初に決めていたのに未だ何も出来ておらず焦りばかりのこの頃です。

さて、そんな中やっと完成した2台をご紹介致します。
カーモデルが好きな私にとってはトラックも大好きなジャンル!
私自身大型自動車の免許を持っていることもあり、今から25年前には大型トラックで長距離輸送をしていたこともあり基本的にトラックが大好きなんですね~。
当時はふそうのグレートに乗って日本中走り回っておりましたが(懐かしい~話です)務めていた会社が三菱とUDだけなんで日野のトラックに乗ってみたくて憧れておりました。

自分の事はさて置き、今回はアオシマ製の新型プロフィア成田商事 大虎丸とフジミ製日野旧プロフィア2台を製作して比較してみました。

01.jpg
02.jpg
03.jpg
2台とも大変良く出来ていますが、考え方の違いが出ている大変面白いキットです。
アオシマ製のプロフィアは、サイドのアオリが開閉出来て更にウィングがヒンジで上がるようになっているのですが、フジミ製はアオリこそ開閉出来てもウィングは上げた状態と占めた状態の選択肢式になっています。
フジミ製は特にウィングの開閉用のダンパーは固定式でも良く出来ていますが、アオシマ製は開閉させるためにダンパーは当然オーバーサイズになっています。
これは好みの別れるところではないでしょうか?
ちなみに私はフジミの方は閉じた状態で接着して製作しました。

11.jpg
又、2台ともハイルーフ仕様なのですが、アオシマ製はハイルーフ部が標準ルーフの上に被せるようにして接着するタイプで、ボディとの一体感がイマイチでハイルーフとしての室内再現がありませんが、フジミ製は選択式なのでハイルーフの室内も再現されています。

04.jpg
室内の再現度はフジミ製の方が細かく良く出来ているのですが、何故か助手席側のドア内貼りにあるはずの安全窓の穴が開いていません。
このままではドアの安全窓がドア内貼りで塞がってしまいます。
ここは穴を開けてドアの安全窓の形状に合わせて開口してから取り付けています。
ウロコシールなどを貼って塞ぐ場合はこのままでも問題はありませんが、見えるようにするには加工が必要になります。

05.jpg
フジミ製に残念だったのが、今回のプロフィアは標準仕様なんですが、元々神道丸というバージョンを利用している為に不具合な部分があります。
標準型を製作するとリヤのナンバーを取り付ける場所がありません。と言うより後ろ面にはナンバーを取り付ける場所が無いので、リヤサイドに付けるしか無いのですがナンバー用のステーがありません。これは自作して再現しました。
又、バックライトも無いのでこれも自作しています。

キットのままでも良かったのですが、サイドバンパーが前にしかなく、後方に無いので洋白線の1.8mmでハンダ付けによる自作をしてみました。

2台ともウロコ板の再現は金型で再現されていて十分なのですが、メッキ処理のせいでギラギラして余り良い感じではないのでアオシマ製のウロコを使用して再現しています。

06.jpg
光を当て当てるとそれなりの雰囲気が出ていませんか?
メッキではこんな感じにはならないんですよね。

07.jpg
更に2台とも燃料タンクをウロコで表現!

09.jpg
08.jpg
特に大きなディティールアップはしていませんが、フジミ製の方はバンパーに付くウィンカーレンズがメッキパーツなのでこれは透明レジンで複製して再現しています。
でも何となくフジミ製はバンパーが大き過ぎるように感じます。
塗装は2台ともガイアノーツのリアルブラックでウレタン研ぎ出し仕上げ、荷台はアオリのみウレタン仕上げで実車のアルミっぽさを再現しました。
尚、荷台はアオリとウィングはガイアノーツのライトシルバーで床板などはクレオスのシルバーで仕上げています。

大虎丸は基本的にはキットのままで細部のみ実車を参考に手を入れていますが、フジミ製は行灯やマーカーランプなど少しアオシマ製のパーツを使用しています。
全体的には2台とも良くまとまっているので楽しく製作できたのですが、いかんせん部品が多いので製作時間はかなりかかってしまいました。

10.jpg
しかし今のトラックモデルは本当に良く出来ていて驚きます。
以前はバリューデコトラの様な共通パーツの組み合わせで、キャブとシールを変えたキットが普通、更に荷台が短くとても玩具の領域を出ていなかったのですが、今ではスケールモデルとして素晴らしい完成度を誇るようになるとは思いませんでした。

12.jpg
以前製作したトラック野郎「故郷特急便」も交えて3台にて記念写真!
私もこの手の模型が大好きで殆どのアートトラックシリーズとヘビーフレイトシリーズ、更にトラック野郎シリーズ、更にイタレリのヨーロッパのベンツ、スカニア、ボルボ、USAのケンワースやピータービルトなどのトラックキットを持っていて、全部で約80台ほどキットを持っています。
トラック野郎シリーズは多いものは7台もあるので家族にも白い目で、、、、「馬鹿じゃない?」と思われているようで、、、置場所だけでも大変で会社の倉庫も借りてる始末。
全て製作するのは今回の人生では無理でしょうね~。
でも新製品がリリースされると又買っちゃうんだな~これが!
モデラーの悲しい性なんでしょうね~。
次は頑張ってトラック野郎シリーズを作ってみたいですね!
(少しでも減らさないと、、、、、、、)
こんなおバカにポチッとして頂ければ励みが出ますので皆さん宜しく~。

ちなみに私は写真がイマイチ上手ではないので我が社の若きエース?乗秀にお願いした次第です、ハイ!
私も写真がんばりま〜す!

 2015_03_19


お久しぶりです、2015年如何お過ごしでしょうか。
あけましてと始めるにも更新が遅くなってしまったので申し訳ありません。
私は正月から作例の追い込みで休み無しって感じです。
本当は正月早々新しく完成したモデルを御披露するつもりでしたが未だ完成せず、、、、。

私自身プロモデラーと言われるようになり早18年になろうとしています。
ですが未だ自分の考えるプロの姿には程遠く、今年こそは真のプロの姿になろうと、元旦に誓ったのですが、、。
現在はネットモデラーさん達の技術力も目を見張るものが多くなり、完成品のグレードは本当に感心します。
そんな中私が出来ることは何だろう? と毎日試行錯誤していますが、未だ完全な成果はあげられていません。
模型に対する情熱では負けませんが、これだけではとも考えることもしばしば。
昨年は作例やDVD製作、雑誌のインスト等、過去にはテレビでの作例までさせて頂きましたが、私自身こんな事もあんな事も出来たはずなのに、、と反省ばかり。

私自身以前から、プロモデラーの仕事とは、一人でも多くのモデラーさんを増やし、新作キットが販売されるすことが使命だと考えています。
アマゾンなどの評価欄を読むとキットの内容よりも価格の不満の方が多い気がします。
確かに私も高いな~と良く思うこの頃ですが、どうしても昔ほど売れない時代に低価格での販売は難しいと思うしかありません。

某メーカーさんの話では以前は3000個のフィギュアを販売しても完売したらしいのですが、今ではどんな商品を販売しても1000個を完売させるのは本当に大変な時代らしいのです。
もちろん魅力的な商品商品が無いと言われればその通りだとも思います。
その為に一人でも多くのモデラーさんを増やすことが一番だと考えています。

今年も心を入れ替えてモデラーとして新しいアイデアを取り入れて精進させて頂こうと頑張る所存です。

さて今回は珍しく、殆どディティールアップしていない作品を2点取り揃えました。
一つはタミヤ製1/20 マクラーレンMP/4 8と、スタジオ27製1/20 フェラーリ643ガレージキットになります。
IMG_0690.jpg

IMG_0691.jpg

IMG_0692.jpg

IMG_0693.jpg

マクラーレンの方はシートベルトの交換とタバコのスポンサーロゴを追加しただけで、フェラーリは何も追加していません。

このマクラーレンは随分以前に忘れたほど昔に製作した作品です。
実は私自身このマクラーレン関係のディティールアップのパーツは殆ど揃っているのですが、出来るだけディティールアップしないでサクッと製作してみました。
確かにサイドのディフューザーはプラなので厚みがあり実車とはイメージが違いますが、それなりの雰囲気は出ているのではないでしょうか?
更にこの作品はプロポーションモデルとしたかったので、エンジンはオミットしカウル類は全て接着しています。
ディティールアップしてバリバリの完成品も素晴らしいですが、この様なスタイルも良いと思いませんか?
勿論ウレタン研ぎ出しだけは完璧に施してあります。


フェラーリ643はスタジオ27製なんですがこのキットは13年ほど前に製作したものです。
もちろんウレタン研ぎ出しのみで何のディティールアップもしていませんが唯一、タイヤのみタミヤ製び交換しています。
ウレタンクリヤーはこれだけ長い歳月がたっても輝きを失わないんですね~。
私自身、スタジオ27さんには昔から本当にお世話になっており、数々のディティールアップパーツを供給して頂いたりと今でも感謝しきれないほどお世話になったメーカーさんなんです。
今でも新しく魅了的な商品をリリースしているので元気な会社として憧れる存在です。
IMG_0680.jpg

IMG_0681.jpg

IMG_0682.jpg

IMG_0683.jpg

IMG_0688.jpg

IMG_0687.jpg

IMG_0689.jpg

キットの内容にもどりま~す。
レジンキットなので無垢のレジンボディーとホワイトメタル、エッチングのキットですが、プラモデルには無い重量感があるんですね。
私事なのですが、現在のF1マシーンよりこの時代のマシーンの方が個人的には好きなんです。


ブログで製作途中の写真を今後の作品はご紹介しようとも考えていますが、ネットモデラーさん達が沢山掲載しているので今更私のは必要ないのかもしれませんね。

最後に、良いモデルとは製作した皆さんが満足できれば最高の作品であるという
事です!
一人でも多くのモデラーさんが増える様に祈って、今年も頑張ります。

 2015_01_11


おひさしぶりです!
年末が近くなって皆さん忙しい毎日を送っているでしょうね。
我が家にもクリスマスツリーを飾って楽しんでいます!

IMG_0655.jpg
我が家のクリスマスツリーは大きめなんですが、私クリスマス大好き人間なのでついつい無理して家で飾れる精一杯の大きいツリーを飾ってしまうんです。
毎年オーナメントを追加するので飾りがゴチャゴチャにしまったので今年は少なくしています。
ちなみに今のツリーは3代目なんですが、買い替えるたびに大きくなってしまうのですが今の大きさが限界な様です。

IMG_0661.jpg
さて今回の作品は、これもラクーンオートさんで購入した1/18 テクノモデル製アストンマーチンV12ザガートです。
レジンモデルなのですが。昔のレジンモデルって模型としての精度が悪く、必ずボディシェイプに手を入れなければならなかったのですが、流石に現代はCADなどをハイテク機器を使用して原型を作るだけあってプロポーションは良好ですね。
おまけにレジン特有の重量も重なってこれまた雰囲気抜群です。
実車は何と4000万! とても手が出ませんが模型ならお手軽に気分を味わえますね。

IMG_0676.jpg
特に手を入れてはいませんが、カーボンデカールがリヤフェイス、サイドミラー、リヤウイングなど各種に付属していたのですが、や殆どサイズが合わないのとカーボン柄がスケールに合わずかなり大きいので、ホビーデザイン製のカーボンを貼っています。

IMG_0678.jpg
やや残念なのが実車のフロントラジエーターグリルは前方に膨らんでいるのですが、キットのままだと平面に
なってしまいます。
予備のエッチングリルが入っていたので、試行錯誤して膨らんだ形状を作ろうとしたのですが精度が中々出ないため諦めて平面のパーツを利用しています。
ここだけはメーカーさんも考えて欲しかったですね。

IMG_0675.jpg
IMG_0671.jpg
サイドウインドのガラスが多少合わず、まともにドアミラーも付けられなかったのでここも修正。
ドア前のメッキのモールは形が合わないのでメッキを剥がし形状を修正後、ミラーフェニッシュで仕上げ!

IMG_0674.jpg
アストンマーチンのエンブレムはエッチングが付いていたので、デカールを貼ってウレタンクリヤー塗装後接着しました。
この頃多く使用する技法としてヘッドライトのレンズカバーなど接着剤で汚れると困る所には、UVジェルという紫外線ライトで硬化する材料で接着ししています。
紫外線ライトで硬化する前ならはみ出た部分も簡単に綺麗に拭きと取れるのでお勧めです。
ドアの鍵穴は1/24の別な車のエッチングを流用しています。スケール的には丁度良いと思います。

IMG_0662.jpg
ちなみにボディーカラーは薄めの色のメタリックレッドを塗装した上にクリヤーレッドを塗装して深みを出してみました。
最後はお得意のお家芸!ウレタンクリヤー後研ぎ出し鏡面仕上げ!!!!
今回はいつもより更に念入りに磨いております!!!
実質作業時間約7日って感じでしたが、完成まで結局1か月半もたってしまいました。

IMG_0666.jpg
今年の作品はこれで終わりですが来年は更に良い作品をご覧頂きたいと思います!
でもブログは今年もう一度は書きたいですね、、
では又。

 2014_12_14


こんにちは、代表の長江です。
弊社も7月31日をもって、第19期の決算が終わりいよいよ8月1日から20周年となります。
これも弊社のお客様のご支援の賜物である以外何物でもなく、心より感謝しております。
この20年を振り返ると笑いあり涙ありの毎日を思い出さずにはいられません、
そこで、私自身も気持ちを新たにブログなんてのをやってみようと思いここに開設してみました。
私は業務の間に自分の好きな模型を製作したりしていますが、業務の報告はここでは殆ど無いと思いますが
お客様の依頼でなくあくまでも私の個人の趣味や私の個人の気持ちですのでどうかその辺は宜しくお願い致します。
時には雑誌の作例の未公開なども公開しようと思います。(もちろん、発刊後ですよ、、)
もし面白いやふ~ンなんて思って頂けたらとても嬉しいです。

さて初めてのご報告はつい最近完成したのDMCランボルギーニアベンタドールLP900です。
これは以前購入したオートアート製1/18ランボルギーニアベンタドールLP700-4のミニカーでしたが、
ラクーンオートさんでDMCへの改造キット見つけて即購入、前からDMCLP900が好きだったので改造してみました。
一番有名なのは赤いLP900なのですが持っているミニカーもホワイトだしホイール形状が大きく違うので最も有名なバージョンは断念!
それでも諦めずキットを利用できるバージョンを探してこのスタイルになりました。
HPの画像と違い本格撮影はしていませんので写真はイマイチですしアトリエの応接で撮影しているので申し訳ありません、、、、
完成の雰囲気が伝わればと思います。

CIMG1819.jpg
CIMG1820.jpg

どうですか?雰囲気は出てるでしょ?
エアロパーツはすべてカーボンを貼っていますが、スケール的にもっと細かい目のカーボン貼るべきでした、、、、
DMCのロゴはPCで製作しています。やや実車と違う所もありますがそこは突っ込まなで下さいね。

CIMG1825.jpg
CIMG1824.jpg

ディスクブレーキも元の塗装ではなく新たにエッチングパーツでの再現、新たにブレーキキャリパーを交換しています。
本当はリヤパネルも外してカーボンを貼りたかったのですが、どうしても外れず断念。
ホイールも中々良いでしょう!エアーバルブ付で決まり!
エアロパーツはすべてウレタン研ぎ出しでございま~す。



IMG_0962.jpg
実車はエンジンフードの後ろのパネルがせり上がりリヤウイングと化すのですが新たに大きなウイングが装着されているので上がった時は2段のリヤウイングになるのですね~。
IMG_0964.jpg

IMG_0963.jpg
ナンバーは何故か多いDMCのナンバーに作り変えました。8888何ともめでたい数字ですな〜
IMG_0966.jpg
家の奥方が可愛がっているお魚さんも素晴らしい出来に感心してる様ですね〜
IMG_0967.jpg
IMG_0965.jpg
ケースに入った状態です。何とも嬉しいではありませんか。
次は何を作ろうかな〜と、ビールを片手に思案する長江であった。

 2014_08_01

04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

keitarousan

Author:keitarousan
株式会社アイビプロテックの代表取締役です。
模型製作代行【NAGAEアートプロダクション】事業部を設立。
現在雑誌・テレビ等のメディアで模型製作および解説をやらせてもらっております。

検索フォーム

QRコード

QR


B
A
C
K

T
O

T
O
P

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。