FC2ブログ


[atelier souvenir vol.18]MENGモデル 1/9 Kawasaki H2R 第二回

Category: 1/9 Kawasaki H2R  

皆さん!こんにちは。

私事で恐縮ですがつい先日、5月20日で57歳になりました。妻の計らいで二人で伊豆に誕生日プレゼントを兼ねて温泉旅行に行って来ました。
久しぶりにゆっくりした時間を過ごしとても満足した時間を楽しんできました。
私は元々伊豆が大好きで若い頃はバイクツーリングや仲間との温泉旅行など数えきれないほど伊豆を訪れましたが伊豆も変わっていくのですね。道路が整備され観光施設も新たに誕生し常に新しい観光地を目指しているのでしょう。
中には客足が伸びず閉園、閉館した施設も多く時代の移り変わりを感じます。

そん自分自身も古い物を削ぎ落し新しい自分を作って行かなければ時代にはついていけないのではと感じました。
モデラーとしては視力が落ち、持病である重度の肩こりもひどくなり以前に比べて製作デスクに座る時間も随分少なくなりました。
年齢を重ねても男である以上まだ何かが出来るのではないかと日々悶々と考えチャンスを狙っている自分がいるだけ幸せな気もします。
私も今年には新しい事にチャレンジする決意も出来たので今年は私にとって大きな年になりそうです。
何時までも夢を追いかけて心が年を取らないようにしたいものですね~。
好きなバイクに乗れるだけまだ若いのかも知れません。


では製作です。今回もH2Rの続編です!
前回塗装済みのキットという事でそのまま製作して足りない部分やイメージに合わない部分のみ再塗装と考えていたのですが結果的には殆ど再塗装になってしまいました。
全体的には良く出来たキットで塗装もそこそこなので確かにストレートで組むことは出来ますがバイク好きにはやはり手を入れなければならない様です。
勿論拘り抜いた塗装を前回からしていませんし出来る限り塗装されている同じ色での再塗装を行いましたがよりリアルに見えるようにするには更に色差しなどが必要でした。
今回も再塗装が必要な場合は行いそのまま使える場所はそのまま使用という事で進めたいと思います。

では作業に入りましょう!
最初はチェーンです、スプロケットと一体成型ですが1/9のスケールであればここはスプロケットとチェーンは別パーツにしてほしかったですよね。
チェーンの色がスプロケットにかかっていて綺麗ではありません、又、チェーンの色も単純なシルバーでは物足りないので再塗装しましょう。

DSCN9861.jpg

基本的に全塗装です、スプロケットはセミグロスブラック、チェーンはチタンシルバーで塗装してエナメルのセミグロスブラックで墨入れとチョイ汚し塗装で再現しています。この方がいいですよね~。

DSCN9899.jpg

リアスプロケットのカーバー的な物なのですが名称が解りませんので申し訳ありません。
見て頂いた通りシルバーの塗装が凸面にされていますがハミ出しが多く余り綺麗ではありません。これもセミグロスブラックで再塗装しシルバーで凸面を再塗装します。

DSCN9896.jpg

リアのスウィングアームです。両側からの合わせパーツですがやはり合わせ目が目立ち余り恰好が良くありません。
多少ボスがきついので接着で組む場合はボスは切り落とした方が綺麗に接着できるでしょう。
仕上げはアルテコ瞬間接着パテで隙間を埋めて整形です。

DSCN9856.jpg

実車にはかなり太めの溶接跡が付いています。パーツにはそれなりの跡がありますが適当でも再現したい方はアルテコ瞬間接着パテを少し硬めに混ぜて載せるように溶接跡に盛っていきます。
少し固まってきたら爪楊枝の先などで形を整えてあげれば完成です。
私も完全再現するつもりは無いので何となくって調子で再現しています、実はこの上にカバーが付くので殆ど見えません。
一言で言うと自己満足!ってやつです!

DSCN9858.jpg

少し拘ったのが表面の仕上げです。整形後サーフェーサー塗装をしただけでは表面がツルツルした状態に仕上がってしまいます。
実車は梨地の表面になっているのでここは少し雰囲気を作ってみましょう。
私が簡単に再現する方法は家庭用缶スプレーなどによくあるスウェード調の塗料です。ホームセンターなどに行くと目の細かい物や粗い物などが入手出来るので好みの塗料をパーツ全体にムラの無いように塗装します。
その後好みの色で塗装しクリアーで保護すれば完成です。
他には私が良く使う方法ですが、口径の太いエアブラシを使用して少し濃い目の塗料でコンプレッサーの気圧をかなり下げて振りかける様に塗装する方法です。
これはコンプレッサーの能力にも差があるので試し吹きを何度も行い自分の表現したい梨地になるまで行うしかありません。
吹き方によってはそこまで低い気圧でなくとも再現出来ますので是非試してみて下さい。
面倒な方は今回の方法である程度再現できます。

私はただの黒では面白くないのでブラックグレーで塗装し半艶クリアーで仕上げています。但し缶スプレーも振りかけるように塗装してください。

DSCN9860.jpg

仕上がったスウィングアームとチェーンを組み合わせてみました。案外雰囲気出てますよね~。
先程の方法でこんな感じには十分なってくれます。

DSCN9900.jpg

出来上がったスウィングアームの上にカバーを付けました。溶接跡は殆ど見えませんが少しは再現した部分が見えます、どこかお解りですか?

DSCN9902.jpg

リアブレーキディスクですが嬉しい事にエッチングパーツなんですね~!
タミヤなのどもブレーキディスクはエッチングパーツにしてくれると嬉しいですよね。メカニカルな部分が良く見えるバイクモデルなだけにディスクローターのエッチングパーツはとても嬉しくなります。

DSCN9903.jpg

ディスクの完成です。回転方向をくれぐれも間違えないようにしましょう!

DSCN9904.jpg

ホイールです。これも先ほどのパーツ同様しシルバー塗装部分のカスレ、乱れ、ハミだしが酷いので再塗装をするしかありませんが困った事にホイールにリムステッカーが印刷されています。でも安心!デカールも付属しているのでここは全塗装で参りましょう!
ただリムステッカーの貼り位置が実車と微妙に違うようです。デカールのアール自体が決まった位置にしか対応できないので実車位置と少し違っても諦めるしかありません。
どうしても実車と同じ位置が良い場合は塗装するか新たにデカールを作るしかないでしょう。

DSCN9872.jpg

完成したホイールです。なかなか綺麗に出来たではありませんか!実車のホイールは半艶の様ですが好みで光沢に仕上げてみました。

DSCN9905.jpg

アームに取り付けてみました。ここまで来ると何とも身分が盛り上がってきますね~。

DSCN9906.jpg

エンジン部分と合体です。この時点で塗装済みのパーツの使用は2パーツ。やはり美しい完成品にするには塗装を拘らなければならない様です。

DSCN9907.jpg

フロントディスクキャリパーですが下の写真を見て下さい。これで片側1パーツです。
ここもやはり塗装済みでしたがキャリパーと受けの境目がキッチリ塗装がされていないのでやはり再塗装です。
又、インナーチューブは未塗装なのでミラーフェニッシュを貼ってそれらしくしています。
念の為ですが実車のインナーチューブはかなり暗い色で仕上げられています、実車に忠実に再現するのであればメタリックグレーなどを使用するかミラーフェニッシュの上からスモークグレーなどを塗装して再現する方がリアルになります。

DSCN9908.jpg

フロントフォークを組み立ててみましたがステム部に塗料がかかっています。これも妥協出来ませんね~。
おまけに2パーツ張り合わせのせいで両側面に継ぎ目が、、、これは目立ちます。
継ぎ目を消して再塗装ですね。

DSCN9909.jpg

アウターチューブの色も余りリアルではないのでチタンシルバーで塗装し直しました。
やはりこの方が良いですよね~皆さんもそう思いますよね~。
ここで一つ!インナーチューブをメッキ仕様にしたのは良いのですが色味がやはり違っています。
実車はもっと暗い色で仕上げられています。ここはもう少し拘ってみましょう。

DSCN0017.jpg

これで如何でしょうか?
良い感じになったのではないでしょうか?程よい暗さにミラーフェニッシュの上から薄めたスモークブラックを塗装して下地が見えるようにしました、案外よい雰囲気になりました。

DSCN0024.jpg

フロントホイールが完成しましたがここで重大な問題です、タイヤの質が悪いのか判りませんがホイールにハメて2日後に見てみたらタイヤの表面がかなり荒れています、これには参った!
この状態では恐らく1か月程度でタイヤが切れる事は間違いないでしょう!こういったところがXX製なのでしょうか?
どうした物か思案中です。

DSCN0022.jpg

取り敢えずタイヤの交換は簡単なので先に進めてみました、良い出来だけにタイヤが惜しまれます。

DSCN0025.jpg

フェンダーを取り付けたいのですがここでも問題が!
メッキが処理されているパーツなだけに両側貼り合わせではフェンダーのど真ん中に合わせ目が、、、、、、、!
んんんん、、、、!許せません!

DSCN0019.jpg

おまけに左右で仕上げが違っているのが判りますか?
暗さと色合いが違っています。どちらにせよこのままでは変な完成品になってしまいます、んんんんん、、、、、、、!
どうしたものか?

DSCN0020.jpg

仕方が無いので今回はここまでです。フェンダーをどうするか?次回の課題ですね~。

次回はマフラーの塗装やカウル類です。出来れば完成まで行きたいと思いますので宜しくお願い致します。


P、S どうも最近気温が高いので熱中症対策を心がけて下さいね~。コメントお待ちしていま~す!

合唱 礼
スポンサーサイト




 2019_05_25

Comments

ホーム感半端ない(^^) 

勝手な思い込みですがやはり路上物の時の長江さんの作業は何年経っても見ていて本当に楽しい!しかもアマチュアが真似できそうなテクニックが中心なので「やってみよう」「真似したい」という気待ちがモリモリ湧いてきます。少ないですが私のSNSフォロワーにも随時紹介させていただいています。完成が楽しみです!
てげてげ  URL   2019-06-03 08:45  

てげてげさん!こんにちは 

いつもありがとうございます。
てげてげさんの御言葉にはいつも感謝しています、そう言って頂ける様にこれからも頑張って参ります!
私も年を重ねたせいで目が悪くなり以前の様に作業するのが難しくなっています、
これからも出来る範囲で頑張っていきたいのでどうか宜しくお願い致します。
長江  URL   2019-06-05 08:31  

 管理者にだけ表示を許可する

11  « 2020_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

keitarousan

Author:keitarousan
株式会社アイビプロテックの代表取締役です。
模型製作代行【NAGAEアートプロダクション】事業部を設立。
現在雑誌・テレビ等のメディアで模型製作および解説をやらせてもらっております。

検索フォーム

QRコード

QR


B
A
C
K

T
O

T
O
P